スポンサーリンク

「Elgato Stream Deck」を使ってchromeを格段に使いやすくした

stream deckでChromeを格段に使いやすくその他

私はStream deckという卓上ガジェットを使っているのですが、今回stream deckを使ってChrome操作を楽にできないものかと考えたのでご紹介します。

スポンサーリンク

stream deckとは?

 stream deckは、ボタンに様々な機能(ミュート、音量の上げ下げ、マクロ、ウィンドウサイズの調節、アプリのコントロール、etc…)を設定できて、しかもそのボタンが液晶になっているので好きなアイコンを表示させることができる、そんなデバイスです。

streamdeck

 「Stream」という名前がついているだけあって、配信者向けに発売されたstream deckですが、配信をしない人にとっても便利な機能がたくさんあります。それに、持ってるだけでなんだかロマンが満たされます。

 僕が持っているのは初代stream deckですが、近々新型stream deck Mk.2が発売されるみたいですね。

 今回は、この「stream deck」を使って、chromeでのブラウジングを徹底的にやりやすくしていこうと思います。

amazon:https://amzn.to/3fn9zX8

スポンサーリンク

chrome専用のプロファイルの作成

 まずは、chrome専用のプロファイルを作って普段使いの邪魔にならないようにします。

 Stream Deckのソフトを開いて、左上の上から二番目の下矢印をクリック→プロファイルを編集をクリックします。

streamdeck設定

 出てきたウィンドウの左下の+ボタンを押すと新しいプロファイルが作成されたと思います。

 右クリック→名前の変更で好きな名前に変更できます。今回は、「chromeプロファイル」とでもしときましょう。

 また、chromeを立ち上げたときに自動でプロファイルを変更したい場合は、「chromeプロファイル」を選択して、アプリケーション→その他からchrome.exeを選択しましょう。デフォルトでは

C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application

にあると思います。 挙動がおかしかったらアプリケーションの割り当てはoffにしてください。

スポンサーリンク

タブ管理機能を作る

 ブラウジングでめんどくさいのってタブの管理ですよね。気づけば何十個もたまってて、どれが必要なタブでどれがもういらないタブなのかわからないなんてことに。

 そこで今回は、「新しいタブを開く」「タブを閉じる」「新しいウィンドウで開く」「タブの移動」「他のタブをすべて閉じる」のショートカットを作ってタブマスターになりたいと思います。

ショートカットキーの登録

 とはいっても、「他のタブをすべて閉じる」はchromeにショートカットキーが標準搭載されていません。なので、まずは「タブの固定」「他のタブをすべて閉じる」のショートカットキーをアドオンを使って登録していこうと思います。

手順

1、アドオン「Shortkeys」をダウンロードする。

2、chrome右上のアドオンマークをクリック→Shortkeysのオプションを開く

3、 Shortcutにctrl+shift+e、Labelにほかのタブをすべて閉じる、BehaviorはClose other tabsを入力

4、Save shortcutsをクリック

  これで、ショートカットを登録することができました。

shortcuts

streamdeckでショートカットを登録する

 あとは、streamdeckにショートカットを登録していきましょう。

 サイドバーのシステム→ホットキーをドラッグ&ドロップで配置し、ホットキーを設定していきましょう。

新しいタブを開く:Ctrl+T
現在開いているタブを閉じる:Ctrl+W
左のタブに移動する:Ctrl+Shift+Tab
右のタブに移動する:Ctrl+Tab
新しいウィンドウを開く:Ctrl+N
他のタブをすべて閉じる:Ctrl+Shift+E
streamdeck設定
これ以降、新しいウィンドウで開くがタブを固定になっています。一番左真ん中のマスには「新しいウィンドウで開く」のホットキーが入りますので注意してください。

Entypoというアイコンを使ってそれっぽくしてみました。これだけでもだいぶChromeが使いやすくなりましたね。配置が気に入らなければ好きな配置に変えてください。

スポンサーリンク

ウィンドウの位置を変える

 Chromeって、何か作業しながら見ることが多いですよね?実際、この記事をご覧になっているあなたもこの記事を開きながら作業しているはずです。

 そんな時、いちいちウィンドウを閉じたり開いたりするのって面倒ですよね?そこで、仮想デスクトップを使うことを考えました。

2021/1/23追記

以下、Wind Toolsを使って仮想デスクトップを作ろうとしていますが、ぶっちゃけWindows Moverでウィンドウ管理だけしてる方が使いやすいです。

Windows Moverの記事は↓にあります。

使うのは、「Win Tools」

 Winキーを使ってもいいのですが、少し移動が面倒だったりします。なので、「Win Tools」を使っていきます。

手順

 右上の歯車の隣のキーボードボタンから「Stream Deckストア」に行きます。

streamdeck設定

 そして、検索窓に「win tools」と入力してインストールします。

streamdeck設定

 まず先にサイドバーからVirtual Desktop-Createを設置し、nameにdeskop2と入力し、直接ボタンを押して仮想デスクトップ(desktop2)を作成します。

streamdeck設定

そのあとSwitch Virtual DesktopとVirtual Desktop-Deleteを配置します。この時、下の写真のようにswitch to項目に入力し、Create:にチェックを入れておきます。

streamdeck設定
streamdeck設定
streamdeck設定

 これで完成です。Virtual Desktop-Createはもういらないので消去しておきましょう。

スポンサーリンク

ウィンドウサイズ変更

 せっかく仮想デスクトップを作って画面を広く使おうと思っても、ウィンドウが適当なサイズでバラバラに配置してあったら作業しにくいですよね。

 そこで、Win+→キーのホットキーを登録することによってウィンドウの配置とサイズを整えます。

スナップ設定の変更

 その前に、win+→キーを押したときにもう片方に配置するものを表示させないようにさせます。

 「Win+I」で設定画面を開きます。そして、「システム」>「マルチタスク」を表示させ、「ウィンドウをスナップしたときに、横に配置できるものを表示する」のチェックを外します。

スナップ設定

ホットキーの登録

 前と同じようにホットキーを二個配置して、Win+←、Win+→を登録します。

streamdeck設定

 これで一応完成です。「プロファイルを切り替え」を除くと3マスあまったので、Chromeを登録するなり、お気に入りフォルダを作るなりしてください。

スポンサーリンク

完成形

streamdeck完成

 なかなかいい感じですね^^Stream deckは無限の可能性を秘めていていロマンがありますねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました